新車の値引き 失敗

新車の値引きに失敗する人

新車を購入する際、ディーラーの営業マンと値引き交渉をすると思います。よく何十万値引きできた!と喜んでいる人がいますが、もう少しだけ工夫すると、さらに何十万も得する場合があります。その方法とは、これまで乗っていた車の下取り方法にポイントがあります。通常、新車を購入するときは、車両の値引き、さらにはオプションの値引きを一生懸命頑張って、話し合いの中で限界値かなと思われる値引まで交渉できたところで、納得して判を押してしまうかと思います。そして、これまで乗っていた車を二束三文で下取りに出し、はい乗り換え完了!みたいな感じですよね。

 

 

でも、これで終わりにせずに、下取り価格にも注目してみてください。意外と安く下取りされていることに気付くははずです。あなたが懸命に値引きした分を、安く下取りすることで、こっそり相殺されていたりしますから。明確に下取り額が出されず、値引きと下取りとでざっくりいくら値引きしますと言われた場合なんかは、このようなケースが当てはまると思ってよいでしょう。なので、値引きが車両、オプションでそれぞれいくら、下取り額がいくらと明確な数字を出してもらい、いったん保留にして、中古車買取の査定にも一度査定してもらい相場をチェックします。こうすれば絶対に損はしません。

 

 

買取相場を知り、相場並みに下取りしてもらえるなら、そのままディーラーで下取りに出してもいいでしょう。中古車買取査定の方が高ければ、当然そちらに売却した方がトータルで得をするのは言うまでもありません。新車購入時は値引きだけでなく、下取り額も意識して購入決定しましょう!そうすれば、新車の値引きに失敗する人にならずに済みますよ。ぜひ覚えておいてくださいね。

 

愛車の買取相場をチェック!(無料)